なぜ錆びにくいのか

なぜ錆びにくいのか

木曜日, 9月 25th, 2014 ryo

鉄にクロムを合金化させていくことによりクロム密度の高い、薄い均一な「不働態皮膜」が形成される。この膜がステンレスの錆びにくさのベースである。

クロム濃度が高ければ皮膜がより強固になり、腐食しにくくなる。

クロム、モリブデンには不働態皮膜を補修する機能がある。

注意点として、ある一定条件化では「不働態皮膜」の破壊が促進される。

材質とは別に、真空チャンバー等ではステンレスの表面に不働態化処理を行う場合がある。不働態化処理とは、ステンレス鋼の表面に酸化クロム層を強制的に形成して発錆を防止するようにする処理のことをいう。

弊社では焼取り工程にて専用の装置を使用し溶接ビードに不働態化処理を行っている。また全体に処理の必要があれば、その工程を付加する。