水冷ジャケット溶接埋め込み

水冷ジャケット溶接埋め込み

一目ではわからないと思いますが、この削り出しらしき円盤の中には水冷ジャケットが埋め込まれております。
水冷ジャケットとは、この円盤を冷却するための水路のことです。

詳しく解説していきたいと思います。

水冷ジャケット

青マーカーで線を引いている部分が溶接部になります。

 水冷ジャケット2-ノースヒルズ溶接工業

もう一度、線がないモノをみてもらいましょう。

IMG_1934

輝いているかと思います。

次に裏面を見て頂きましょう。

IMG_1944

裏面は溶接していないため、当初からなにもありません。

あえて言うならば、水冷のINポート、OUTポートがあるくらいでしょうか。

次に精度を見てもらいましょう。

IMG_1941

IMG_1940

いかがでしょうか。

ほぼ歪のない状態を維持しております。

IMG_1943

これは、TIG溶接です。

他の、高価な電子ビーム溶接やファイバー溶接等では決してありません。

IMG_1933

この埋め込み技術は、ノースヒルズ溶接工業ならではの技術になります。

仕様としては、この上に薄膜用の基板を載せ冷却用として使用されます。

メリットは、構造的にコンパクトかつ強度と耐久性があるTIG溶接で接合している点です。

バッキングプレートでも応用可能な製品になります。

御社の製品で同様のモノありましたら、ぜひ一度ご検討ください。