社長ブログ

溶接屋だからこそできる配管施工

装置を組立てるにあたって避けて通れないのが配管の施工になります。

どの業界でもおそらく配管は必要になるかと思います。

今回は、溶接屋だからこそできる配管施工を写真でみてもらいたいと思います。

 

 

まず、裏側の写真をみてもらいましょう。

IMG_2177

写真を『拡大』して見て頂くと、ほとんど溶接構造にて現合で取り付けています。

仕様で『SUS316LのEP管』指定だったためです。

 

また、さらに複雑になってしまったのが・・・

IMG_2175

奥に見えるパネルになります。

見えにくいですが、ところ狭しと配管を接続しています。

写真中央部にテフロンチューブがあるのは、漏れ試験おこなうために一時的に接続しているものです。

 

このようになってしまったのは、所定スペースに収める必要があったのと、ガスと水の経路に細かい希望があったためです。

 

 

でも、表からみてみると・・・

 

こんな感じに!

 

IMG_2178

こちらは表のパネルになります。

すっきりしているのがお分かりになるかと思います。

配管経路図をユーザー様から御支給いただき弊社でのレイアウトになります。

IMG_2202

 

 

すべてハード配管なので経路変更などは容易にできませんが、漏れ試験さえ正確に行えば、長期間にわたって漏れる心配はありません。

特に水漏れ等でお困りになったご経験がお持ちの方にはぴったりの接合方法になるかと思います。

継手の使用量や溶接個所の量は得手不得手があるかと思いますので、案件に合わせたご提案をさせて頂きます。

 

火曜日, 10月 20th, 2015 社長ブログ 北坂社長

漏れ検査③-減圧試験(ヘリウムリークディテクター試験)

ノースヒルズ溶接工業では、漏れ試験はすべて社内でおこなっております。

今回の試験は、太陽光パネルを製造する装置の一部品になります。IMG_2243

通常使用していたのが、漏れが発覚し漏れ個所の特定と、修理を依頼された案件です。

前回のブログも同じような感じでしたが、新規の案件と同じくらい修理案件が持ち込まれます。

なかなか加工屋で試験までおこなう企業が少ないようです。

 

漏れ試験①と②は加圧での漏れ確認試験でしたが、今回はヘリウムリークディテクターという検査機器を使っての減圧試験になります。

これのすごいところは、分子レベルで漏れの確認します。

IMG_2108

簡単に言うと、

① 漏れを確認したい容器(製品A)を封止し、掃除機の要領で動作するヘリウムリークディテクターで空気を吸ってしまい、真空状態にします。この状態の容器をいったん真空容器と呼ぶことにします。

②真空容器(製品A)の外側にヘリウムガスを吹き付けます。

③万が一漏れがあった場合、大気圧より低い圧力の真空容器(製品A) に入ろうとします。ヘリウムリークディテクターには、ヘリウムを感知する機器が設置しており、どの程度の気圧が容器内に侵入したのかを数値で確認することができます。

IMG_2289

 

漏れ個所の特定には、機器を持っていても目に見えないので熟練の経験が必要になります。

 

主に、半導体向けの製造装置や、真空を利用した装置には溶接後の製品の状態を確認するうえで必須ともいえる確認工程になります。

ノースヒルズ溶接工業は、TIG溶接屋であり真空装置屋でもあります。

今回のようなご要望にもすぐさま対応できる体制を組んでおります。

 

 

土曜日, 10月 17th, 2015 社長ブログ 北坂社長

漏れ検査②-ガス圧試験

前回のブログでも書かせてもらった通り、

ノースヒルズ溶接工業では、漏れ試験もすべて社内でおこなっております。

 

今回は、チタン製の熱交換器が割れて漏れが発生したということで、急ぎ修正させて頂いたモノです。

本来であれば、自社で溶接したモノがあるべきところ、他社で溶接されたもので相談を受けました。

 

IMG_5049

 

ガスは主に窒素ガスを使用しております。

窒素ガスは、圧力検査のほかに検査機器のクリーニングやレーザー溶接機にも使用しているため、転用して利用しております。溶接機で使用するアルゴンガスと比べ、コストも抑えられ不活性ガスということで使用しております。

チタンは、溶接にクセがあり溶接屋さんでもなかなか取り扱ってくれるところは少ないそうです。

 

今回は、

修正前の漏れ箇所の確認(目視では見えないため)

溶接

漏れ確認(別の部位の漏れ発覚)

溶接

漏れ確認

完成

 

となりました。

 

手間はかかりますが、ユーザー様に安心して漏れの原因と今後の対策もお伝えすることができ、試験の重要性を再確認させられた製品でした。

水曜日, 10月 14th, 2015 社長ブログ 北坂社長

漏れ検査①-水圧試験

ノースヒルズ溶接工業では、漏れ試験もすべて社内でおこなっております。

今回の製品は、水圧試験が必要でしたので、全数チェックさせて頂きました。IMG_4091

治具類は、基本社内に常備しているものを使用しての試験になります。

主にICFフランジ系、VFVGフランジ系、JISフランジなどに対応したものを取り揃えており、スムーズな試験に心がけております。

試験結果報告書も必要であれば提出させて頂いております。

 

月曜日, 10月 12th, 2015 社長ブログ 北坂社長

名入れプレート

 

いつもは、創作コーナーで紹介するんですが、本日はご依頼を受けた製品ということもあってこちらのブログで公開します。

10年前からお付き合いさせて頂いてた企業様よりプレートが作りたいというご希望を頂戴し、打合せの上作成させて頂きました。

最終形状は、企業様との打ち合わせの上に成り立っているものですが、シンプルな板の張り合わせ溶接にはせず、強度を持たせるための工夫をしております。この形状はいつもお世話になっている近隣の板金屋さんと打合せしたうえでの製作になっております。

 

プレート3-ノースヒルズ溶接工業

 

 

これだけではなにかわかりませんよね・・・

溶接個所はおわかりになるでしょうか。

 

プレート4-ノースヒルズ溶接工業

 

 

 

これでもわかりませんよね・・・

 

 

 

 

 

 

 

プレート1-ノースヒルズ溶接工業

 

名入れネームプレートが、こんな感じに仕上がりました。

 

弊社での製作としてはここまでです。

 

 

 

 

 

 

実はそのあともありまして・・・

ご依頼ユーザー様にて、最終的にこのような形状になっております。

 

 

プレート5-ノースヒルズ溶接工業

 

 

プレート6-ノースヒルズ溶接工業

 

カッコイイ感じに仕上がっています。

さすがに、工業製品を製作している弊社ならではかもしれませんが、ユーザー様からは重すぎるといわれておりますので、次回は改良の余地が少しあります。といっても、厚み1.5mmしかないんですけど・・・

 

ノースヒルズ溶接工業は、TIG溶接屋であり真空装置屋でもあります。

今回のような最終形状はシンプルでもしっかり取り組めたらという思いで製作させて頂いております。

シンプルな製品づくりもゼロからご相談受け付けております。

月曜日, 9月 21st, 2015 社長ブログ 北坂社長

ノコ盤

IMG_4883

ノコ盤を導入しました。

パイプのナナメカットを1度単位で自由自在にできます。

また自動送り機能も搭載してるので数ものにも対応できるという優れもの。

油をほぼ出さないのでクリーンな部分での使用に適したものになります。

今後の活躍が楽しみです。

現在、弊社では社内内製化を進めております。

TIG溶接屋ですが、配管製品を社内で内製化することを目的として導入しましたので、

ニップルやエルボ、特殊配管などが必要な場合はぜひ一度ご連絡ください。

木曜日, 9月 17th, 2015 社長ブログ 北坂社長

洗浄機

 

洗浄機を導入しました。

デザインやメンテナンス性も良く、今後使用するにあたり期待できそうです。

IMG_3461

IMG_3659IMG_3664

 

詳細はというと、

W500*D400*H500の寸法の3層ベーパー式超音波洗浄機になります。

洗浄液は専用のものを使用しております。

装置全体はそれ以上に大きいので迫力があります。

空調設備も設置し温度管理もできるようにしました。

弊社は、Tig溶接を主体とした溶接屋ですが、半導体製造装置やその部品、医薬向けの装置部品、

その他精密部品を数多くご依頼いただいており、最終工程である洗浄を自社で行うことにより

品質の安定を図ることを目的として今回の導入となりました。

溶接だけでなく、洗浄も必要な場合はぜひノースヒルズ溶接工業へ!

木曜日, 6月 11th, 2015 社長ブログ 北坂社長

洗浄室

IMG_3425 IMG_3433

洗浄室が完成しました。

弊社は溶接を主体とした事業をおこなっております。

半導体装置向けの製品が多数を占め、清潔な環境を要求されております。

そのため、今回、『3層式ベーパー超音波洗浄機』の導入のため室内を区切り

このような部屋をつくりました。

床は防塵になっており、天井はLEDにしております。

 

月曜日, 6月 1st, 2015 社長ブログ 北坂社長

一般社団法人日本溶接協会の機関紙(溶接ニュース)に会社案内を掲載して頂きました。

一般社団法人日本溶接協会の機関紙(溶接ニュース4月号)に会社案内を掲載して頂きました。

起業までの経緯と現在の内容まで記載して頂いてます。

SKM_C284e15051912560

弊社は気密溶接を得意としている溶接屋です。

溶接に特化しているため、様々な業界の溶接案件を頂戴し日々製品を製造させて頂いております。

 

 

火曜日, 5月 19th, 2015 社長ブログ 北坂社長

屋内工事

現在、屋内工事をしております。

この工事でロウ付け室、グラインダー室、洗浄室、焼け取室で区割りする予定です。

工事後に「大型ベーパー式超音波洗浄機」を導入する予定です。

2015-05-07 16.34.58

写真は2階から見た工事の様子です。

ノースヒルズ溶接工業は、溶接を主とした企業ですが、半導体向けの製品等の増加から

品質向上のため設備導入に踏み切りました。

6月上旬には設備導入が完了する予定です。

月曜日, 5月 18th, 2015 社長ブログ 北坂社長