レーザ溶接機とTIG溶接機の違い

レーザ溶接機とTIG溶接機の違い

木曜日, 3月 11th, 2021 社長ブログ 北坂社長

一番大きいのは、レーザ溶接は素人でも触れて製品を溶接していけるということにつきます。

TIGの熟練工には、やや物足りない感じはありますが、熱応力のことなどを考えると、両方使いこなせるとよりレパートリーが広がると思います。

今までは、板同士の突合せや隅肉溶接において、レーザの方がより良いという判断をしてきましたが、今回は、パイプ同士やパイプに真空フランジを溶接したらどうなるのかなどを検証しました。

結果で言うと、治具さえしっかりそろえることが出来れば、TIGと同等の仕上がりに持って行くことが出来ることが分かりました。

レーザはTIG以上に治具を揃える必要があるが、TIGにない魅力あるツールともいえます。

弊社では、レーザ溶接機のデモ、ワークを御支給頂ければレーザでの試験、レーザとTIG溶接の違いなど、溶接をしたことがある企業様、溶接をしたいとおもっている企業様に理解して頂きやすい環境を整えております。

レーザ溶接機をご検討されている場合は、是非一度ご連絡下さい。