投稿

2018年日本表面真空学会講演会

公益社団法人 日本表面真空学会主催の

2018年日本表面真空学会学術講演会に参加させて頂きました。

 

 

弊社が創業当時から進めているプロジェクト、「新二相ステンレスの真空装置への応用が可能かどうか」の成果が出てきたので発表させていただいておりました。

発表は、共同研究者である山口大学 栗巣先生におこなっていただき、新日鉄住金ステンレス株式会社も共同発表者であります。

Ni相場が高騰傾向にあるなか、真空装置分野にこの素材が使用されることが必然ではないかと思っております。

 

 

 

同分野又は素材に興味を持っていただける方がいらっしゃれば、

north@nhillz.jp

までご連絡ください。

他分野での応用も可能です。

 

 

日曜日, 11月 18th, 2018 社長ブログ kitasaka

日本経済新聞に一部紹介されました。

2017年11月11日付けの日本経済新聞に一部紹介されました。

SKM_C36818051921420

 

ノースヒルズ溶接工業が参画させて頂いている「ものづくり観光推進協会」の一貫の事業として

修学旅行生を受入れ、製造業の現状と技術の価値を伝えさせて頂いています。

土曜日, 11月 11th, 2017 社長ブログ kitasaka

日経産業新聞に会社を紹介して頂きました。

 

11月25日付の日経産業新聞に弊社をご紹介頂きました。

日本産業新聞11月25日-ノースヒルズ溶接工業

ノースヒルズ溶接工業は、この11月1日で法人2期目を迎え、今後の成長の下準備を進めております。

課題は山積しておりますが、明るく元気に事業展開をやっていければと思っています。

今後とも宜しくお願いします。

 

 

 

 

月曜日, 11月 28th, 2016 社長ブログ kitasaka

複合溶接(電子ビーム溶接、摩擦接合、TIG溶接)

TIG溶接は、電気の流れを利用して溶接する技術です。

それゆえに、アースを取らないと、電気が流れないので、絶縁体のテーブルなどでは作業ができません。

今回の案件はそんな製品です。

IMG_0505

 

ベースはアルミ板で途中からステンレス材になっている配管です。

そしてアルミ板は裏がミラーカットという切削方法を使用し、ラッピング研磨のような状態をしています。

 

IMG_0503

そしてそこにフレキをドッキング。

 

IMG_0502

すべてTIGで接合しこんな感じになります。

 

IMG_0500

この溶接は、電子ビーム溶接、ヒップ溶接、TIG溶接、ミラーカットという4つの技術が結集した製品です。

なかなか複合接合をしている企業は数少ないかと思います。

このような接合でお困りの際は一度ご相談いただければと思います。

土曜日, 7月 16th, 2016 社長ブログ kitasaka