投稿

出張修理と作業

弊社では、相談者のニーズに合わせて対応させて頂いております。

これは、エアコンメーカーさんの工場内にある、20年以上前のエアコンが壊れかけているから補修して欲しいというご相談でした。それも大きな企業様の工場は、エアコンですら簡単に止めてよいものでもなく、一定期間内の停止時間中に溶接補修をすることになりました。

基本は工場生産のため外出先での溶接や作業はしておりませんが、どうしてもというお言葉を頂戴した際には、出張での対応をさせて頂いております。

下記は、そのエアコンの中身を開けた様子です。

その他に、他のユーザー様からのご依頼で、お風呂の修理なんてものもさせて頂きました。

お手数おかけしたのですが、弊社に浴槽をお持ちいただき、溶接補修させて頂きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いつもは、工業向けの製品を溶接させて頂いていることが多いのですが、定期的にこのようなご依頼もお電話やメールで頂戴しております。

正直、費用だけを考えるとモノによっては、買ってしまった方が安いというものも多数あり、ご相談頂いたものがすべてお受けできるものではないことも事実です。

しかしながら、それ以上に「すぐ使いたい。」「どうしてもこれを補修したい。」という希望があった際には、どうにかできないか社内で検討をさせて頂いております。

もちろん、これはどんな感じだろうと悩まれた際は、お見積のみでも問題ございませんのでご相談下さい。

木曜日, 4月 29th, 2021 社長ブログ 北坂社長

レーザ溶接機とTIG溶接機の違い

一番大きいのは、レーザ溶接は素人でも触れて製品を溶接していけるということにつきます。

TIGの熟練工には、やや物足りない感じはありますが、熱応力のことなどを考えると、両方使いこなせるとよりレパートリーが広がると思います。

今までは、板同士の突合せや隅肉溶接において、レーザの方がより良いという判断をしてきましたが、今回は、パイプ同士やパイプに真空フランジを溶接したらどうなるのかなどを検証しました。

結果で言うと、治具さえしっかりそろえることが出来れば、TIGと同等の仕上がりに持って行くことが出来ることが分かりました。

レーザはTIG以上に治具を揃える必要があるが、TIGにない魅力あるツールともいえます。

弊社では、レーザ溶接機のデモ、ワークを御支給頂ければレーザでの試験、レーザとTIG溶接の違いなど、溶接をしたことがある企業様、溶接をしたいとおもっている企業様に理解して頂きやすい環境を整えております。

レーザ溶接機をご検討されている場合は、是非一度ご連絡下さい。

木曜日, 3月 11th, 2021 社長ブログ 北坂社長

授業の1コマ-桃山学院大学

本大学の卒業生ということで、お声をかけていただきました。

授業の1コマをお借りして、いまの製造業のイメージと実態のギャップを私の経歴を踏まえ、伝えさせていただきました。

皆さん、ほぼ寝ずに聞いてくれていたのには驚きました。いまの学生の方が真面目な気がします。

久しぶりに校内を歩きました。若いっていいですね!

月曜日, 10月 7th, 2019 社長ブログ 北坂社長

東大阪ITコンテンツby近畿大学生

2018年3月26日(月)にJ-COMの虹色ネットワーク(東大阪市広報番組)にて公開された映像をDVDを整理していたらでてきました。

製造業の現場を大学生がコンテンツ化し企業広報の役割をして頂いたときの撮影現場映像になります。

ノースヒルズ溶接工業では、実際の溶接風景や溶接屋ならではの設備や仕組みなどをご覧いただきました。

ノースヒルズ溶接工業では、溶接時に眩しい光がでるため個々に作業場所を区切っています。

溶接面で遮光していないと目が焼けるため、作業者以外も面をつけて頂く必要があります。

木曜日, 10月 3rd, 2019 社長ブログ 北坂社長

修学旅行生受け入れ-朝日新聞

2019年6月26日(水)朝日新聞に掲載頂きました。

記事の内容は、そこまで踏み込まれておりませんが、溶接でステンレスの溶けている瞬間を見てもらっているところの写真を載せて頂いております。

 

TIG溶接は、熱でステンレスの水たまりを作り、それを凝固させて2つのアイテムを1つにしてしまうスペックをもった技術です。

ご見学の際同じ話を良くしますが、話している私も物理のオモシロさを再認識させられます。

 

ご見学は、ものづくり観光推進協会様のご協力のもと実施させて頂いております。

水曜日, 6月 26th, 2019 社長ブログ 北坂社長

2018年日本表面真空学会講演会

公益社団法人 日本表面真空学会主催の

2018年日本表面真空学会学術講演会に参加させて頂きました。

 

 

弊社が創業当時から進めているプロジェクト、「新二相ステンレスの真空装置への応用が可能かどうか」の成果が出てきたので発表させていただいておりました。

発表は、共同研究者である山口大学 栗巣先生におこなっていただき、新日鉄住金ステンレス株式会社も共同発表者であります。

Ni相場が高騰傾向にあるなか、真空装置分野にこの素材が使用されることが必然ではないかと思っております。

 

 

 

同分野又は素材に興味を持っていただける方がいらっしゃれば、

north@nhillz.jp

までご連絡ください。

他分野での応用も可能です。

 

 

日曜日, 11月 18th, 2018 社長ブログ 北坂社長

朝日新聞に連載して頂きました!第5回目

2018年10月30日(火)朝日新聞の地域面で番外編を掲載頂きました。

記事の反響が大きかったということでこんな結果に。

1ページまるまる使ってもらったので、スキャンしきれず2分割になりました。

 

起業するにあたって考えたことやその経緯、そしてものづくり現場での今後の未来像を記者の立場から語っていただきました。

ここまで連載いただくのは初めてであり、取材回数も数多く、また撮影も2日がかりでしてもらいました。

取材ありがとうございます!

火曜日, 10月 30th, 2018 社長ブログ 北坂社長

朝日新聞に連載して頂きました!第4回目

2018年10月26日(金)朝日新聞の地域面で連載4回目(最終回)

機械と人 共存の夢描く/ 大阪ワザ語り/ 高精度溶接

 

ノースヒルズ溶接工業の日常と女性溶接工の一場面、そして今後の展望をピックアップして記載して頂きました。

金曜日, 10月 26th, 2018 社長ブログ 北坂社長

朝日新聞に連載して頂きました!第3回目

2018年10月25日(木)朝日新聞の地域面で連載3回目。

ノースヒルズ溶接工業の根幹でもある高難易度の溶接を受注する意図や経緯を記載して頂きました。

 

木曜日, 10月 25th, 2018 社長ブログ 北坂社長

朝日新聞に連載して頂きました!第2回目

2018年10月24日(水)朝日新聞の地域面で連載2回目。

 

ノースヒルズ溶接工業の創業までの経緯と製造業を知らなかった自身の歩みをピックアップして頂きました。

 

水曜日, 10月 24th, 2018 社長ブログ 北坂社長